PDFをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
 
海士小沿革

明治 6年
鳥取第17区小二区小学校として開校
13年
第二番学区の本校となり 他の島前各小学校を分校となす
21年
小学校令改正 第十番学区海士簡易小学校と称す
24年
第十番学区海士尋常小学校と改称
31年
高等科を併置し  海士尋常高等小学校と改称
37年
町村制実施につき海士村立海士尋常高等小学校と改称
昭和16年
島根県海士郡海士村立海士国民学校と改称する
19年
村内国民学校を統合し  島根県海士郡海士村国民学校と改称し,菱浦・中・崎・知々井・御波に5分教場を置く
22年
新制度施行により菱浦・中・崎・知々井の分教場は独立し本校は中小学校の分校となる
24年
海士村立海士小学校となる
33年
現校舎新築落成する
44年
海士町立海士小学校となる
45年
自転車置場新設
47年
焼却場新設
48年
創立百周年記念式典挙行
50年
保健室新設
51年
校長室新設
53年
体育館西足洗場新設
54年
校門移転
57年
体育館竣工
60年
消火栓設置
62年
文部省指定同和教育の研究を発表をする
平成元年
国旗掲揚柱設置
3年
学校安全に関する研究校の指定となる
4年
学校安全の研究を全国発表する
5年
校章旗掲揚柱設置
6年
特別支援学級「ひまわり」開級する
7年
便所新築  水洗になる
 
隠岐小中学校教育研究大会の会場校として授業公開する
8年
給食室・音楽室を新築する
9年
校舎大規模改修
13年
特別支援学級「そよかぜ」開級する
14年
メディア教室を新築する  学校評議員会を設置する
18年
金銭教育の研究指定校となる
19年
「金銭金融教育公開授業」in海士を開催する
20年
「島根県金銭金融教育協議会」において研究発表をする
21年
「読書活動優秀実践校」として文部科学大臣表彰を受ける
23年
隠岐小中学校教育研究大会の会場校として授業公開する
~24年度
島根県「体力向上推進モデル事業」推進校の指定を受ける
25年
校舎大規模改修工事がはじまる
26年
新校舎竣工式 12月より新校舎で授業開始